女性

外付けのhddが認識しなくなってしまったらココ

重要データの回復方法

数字

コンピュータに異常が発生した場合は、データ復旧を最優先に考えてください。起動ドライブ以外のHDDであれば、取り出して別のパソコンに接続すると、復旧作業がやりやすくなります。消えてしまっては困るデータが記録されているようなケースでは、不用意な操作は避け専門の業者に調査を依頼しましょう。

もっと読む

通信設備に特化した施設

女性

データセンターは企業の通信環境を安定させるために非常に有用です。昨今ではデータセンターを利用することを前提として、オフィスの通信設備を最低限にする企業も増えています。それにより、初期投資を大幅に削減することが可能となります。

もっと読む

容量を拡張出来る機器

ハードディスク

外部からの接続

企業が扱うデータの容量は拡張を続けており、内臓のhddでは足りなくなるということも珍しくありません。しかし、内臓の物を交換したり、機器全体を買い換えるとなるとお金も時間もかかります。そこでよく使われているのが外付けhddです。外付けhddとはUSBケーブルなどを利用して接続し、パソコンやスマートフォンなどに認識させると容量を補完することが出来ます。パソコンからデータを閲覧したり、保存したりと使い方は内臓の物とほとんど変わりません。内臓でないため付け替えることでいくつでも使用でき、面倒な設定もありません。一つの外付けhddを複数のパソコンに認識させることも可能であるため、家で使ったhddをオフィスのパソコンでも使うといったことも出来ます。

接続不良の時は

非常に便利な外付けhddですが、外付け故に注意しておくべきポイントもあります。外付けhddはUSBケーブルなどを介して接続しますが、この際にパソコンやスマートフォン側が認識できないと使用を始めることが出来ません。特に初回はパソコン側にドライブと呼ばれる認識するためのツールが必要となることもあります。もし、今まで認識していたのに急に認識しなくなったという場合はケーブルか外付けhddが故障している可能性があります。ただ、通常の使用の中で認識しなくなったケースでは接続部分の不良である可能性が高く、専門業者に依頼すれば簡単に修理ができます。しかし、高いところから落としたりといった強いダメージを与えてしまうとデータが破損することもあるので注意が必要です。データが破損した場合はデータ復旧を専門とする業者に依頼する必要があります。

コピーしたいときに便利

ケース

DVDのダビングは素人がやると時間がかかるものなので、大量にダビングするときには専門業者を使っていくと楽になります。業者なら数千枚クラスの大量コピーも可能です。また、注意点は資料請求や見積もりを出してもらい、良い業者を探してから依頼をすることです。

もっと読む